読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

業務で製造を行うときに気を付けること C#へん

こういうサイトがどこかにないかなぁ....

 

随時更新。

 

 

【DB】

処理に時間がかかる場合のロールバック処理

 

【開発】

・画面系

 テキストボックスなど項目に値を指定するもの

 ⇒項目選択時に全選択して値を変更しやすくする

 

 タブインデックス

 ⇒めちゃくちゃだととても使いづらい

 

 コントロールのプロパティ共通化

 ⇒フォントサイズやラベルの文字の大きさなど、

  画面が多い場合に共通化しておく

 

 画面項目の条件により使用する項目、型が異なる場合の記載方法

 ⇒条件ごとに処理内容を記載。画面に反映させる場合は

  struct(NULL許容型)で画面項目すべて定義し、

  画面項目ごとに値の格納をしなくて済むようにする。

 

        条件A⇒条件Aの処理

  条件B⇒条件Bの処理

  画面に反映するもの⇒条件AでもBでも格納できる方法

  例)hogeListView.items.add( new ListviewItem( new string[]{ structData.a ?? "",

             structData.b ?? ""} ) );

 

 

 

ソースコード

・ログの出力

 ⇒ログの出力を最小限にする。

   ログの出力が多い程、動作が重くなる。

・ログの出力レベル

 ⇒基本Debugモードにし、ユーザに通知しなければならないものはInfo、Ope,Warn、Error、画面を落とさなければならないものはFatal.

 ⇒お客様にリリースするときは、infoレベルで提出するため、不要なログがないか、

必要なログが出力されているか確認する

 

・エラー

 ログの出力レベルに応じて、Warn,Error,Fatalレベルで出力する。

 エラーの内容をcatchの内容とともに出力する。

 

・データのもちかた

 シングルトンを今の現場で使っているけど、

 シングルトンをいちいち書かなくてもStaticで十分という記事がネットに書かれていて、今までの苦労がすべて吹き飛んだ。