読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Excel 行の高さを自動調節できるようにする補法
    該当セルを選択した状態で、ホームー書式ー行の高さを自動調整

・SQLSERVER ストアドの注意点
    結合したデータがNULLだった場合に、何を出すか確かめておく
    ⇒数値の場合はー
     文字列の場合は~コード等
     例)路線名がNULLなら路線番号
    ※決めておかないと、お客さんに、なんで出ないのかと説明されて面倒

・EXCEL 罫線がどうしても引けない行の修正方法
    罫線を設定したい行の下に空白用を挿入し、
    機先を入力後、空白行を削除する

・SQLSERVER 他のPCでもSQLSERVERに接続できるようにする設定方法
    ・構成マネージャを開く
    ・SQLSERVERのサービスの右ペインでSQLSERVER Browserを右クリック⇒開始

・エクセルVBA 64bit対応
    ・32bit用のVBAは保持しておく
    ・64bit用にするため、以下を置換
     置換前:Declare
       置換後:Declare Ptrsafe

     置換前:Long
     置換後:LongPtr
    ※32bitと64bitのすみわけ
     #if Win64 Then
     #Else
     #End If

・VBA 印刷
    Public Function PrintJob(list As Variant, isPrebiew As Boolean, timeout As Integer,printer As String)
    {
        For Each data In list
            Set selectSheet = Worksheets(data)
            selectSheet.Activate
            Application.ActivePrinter = Get_Printers(printer)

            '印刷
            If isPreview = False Then
                ActiveSheet.PrintOut
                flg = True
            Else
                Application.DisplayFullScreen = True
                Application.DisplayFullScreen = False
                Appllicaion.Visible = True
                Application.ScreenUpdating = True
                flg = ActiveSheet.PrintPreview(EnableChanges := False)
                flg = False
                Application.Visible = False
                Application.CutCopyMode = 0
            End If

            If flg Then
                waitCount  = 0
                Do While waitCount < timeOut
                    jobFlag = PrintJobCheck(Cells(4, CELLDATA).Value)
                    If jobFlag Then
                        Exit Do
                    End If
                    waitCount = waitCount + 1
                    Sleep 1000
                Loop
            End If
        Next
    }

・VBA プリンタ名取得マクロ
    Public Function Get_Printers(printerName As String)
        Dim objWSH As Object
        Dim objPrinter As Object
        Dim sPrinterList() As String
        Dim sTemp1 As String
        Dim sTemp2 As String
        Dim i As Long
        Dim ctr As Long
        Dim tempPrinterName As String
        Get_Printers = ""
        Const SUB_ROOT = "Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Devices"
        Set objWSH = CreateObject("Wscript.Network")
        Set objPrinter = objWSH.EnumPrinterConnections

        If objPrinter.count >= 2 Then
            For i = 0 To objPrinter.count - 1 Step 2
                If InStr(1, LCase(objPrinter(i + 1)), LCase(printerName), vbTextComare) > 0 Then
                    tempPrinterName = objPrinter(i + 1)
                    Exit For
                End If
            Next
        End If
        If tempPrinterName <> "" Then
            sTemp1 = RegRead_API(HKEY_CURRENT_USER, SUB_ROOT, tempPrinterName)
            sTemp1 = Replace(sTemp1, "winspool", "")
            Get_Printers = tempPrinterName & " on " & sTemp1
        End If
        Set objPrinter = Nothing
        Set objWSH = Nothing
    End Function

    Private Declare Function RegOpenKeyEx Lib "advapi32.dll" Alias "RegOpenKeyExA" _
        (ByVal hKey As Long, ByVal lpSubKey As String, ByVal ulOptions As Long, _
        ByVal samDesired As Long, phkResult As Long) As Long
    Private Declare Function RegCloseKey Lib "advapi32.dll" (ByVal hKey As Long) As Long
    Private Declare Function RegQueryValueEx Lib "advapi32.dll" Alias "RegQueryValueExA" _
        (ByVal hKey As Long, ByVal lpValueName As String, ByVal lpReserved As Long, _
        lpType As Long, lpData As Any, lpcbData As Long) As Long

    Private Const KEY_QUERY_VALUE = &H1
    Private Const HKEY_CURRENT_USER = &H80000001

    Declare Sub Sleep Lib "kernel32" _
        (ByVal dwMilliseconds As Long)

    'レジストリを開く・読み込む・閉じる
    Private Function RegRead_API(lRoot As Long, sSubRoot As String, sEntryName As String) As String
    Dim lRet As Long
    Dim hwnd As Long
    Dim sVal As String
        hwnd = Application.hwnd
        lRet = RegOpenKeyEx(lRoot, sSubRoot, 0, KEY_QUERY_VALUE, hwnd)
        sVal = String(255, " ")
        lRet = RegQueryValueEx(hwnd, sEntryName, 0, 0, ByVal sVal, LenB(sVal))
        RegCloseKey hwnd
        sVal = Left$(sVal, InStr(sVal, vbNullChar) - 1)
        RegRead_API = sVal
    End Function

・C# タスクバーにアイコンを設定する方法
    プロジェクトを右クリック⇒プロパティ⇒アプリケーションタブ⇒リソースーアイコンとマニフェスト
    にアイコンを設定
    アイコン自体は、新規項目の追加でアイコンを作成し、アイコン用のPNG,またはICOファイルをペイントで開いて
    全選択し、貼り付け。

    this.ShowIcon = true;

・C# Visual Studioのアイコンのサイズを増やす方法
    新規項目の追加でアイコンファイルを追加後、ダブルクリックしてデザイナ画面へ
    画面中央左で右クリック右新しいイメージタイプ⇒で作成
    不要なものは右クリック⇒イメージタイプの削除削除可能

・別スレッドの処理実行方法
    Application.DoEvents()

・カンマ区切り編集
    3番目のカンマの値のみ取得
    ^[^,]+,+[^,]+,

    最初のカンマから先を削除
    置換前:([^,]*),{I}.*
    置換後:\1

・カレンダー(PictureBox)カスタムコントロール
    ※Calendar_Init,FontData,Label_Clickイベント、ExtensionCalendar_MouseDoubleClickイベント、DayOfWeek(Enum)は別途設定する必要あり
        // ※Calendar_Init,FontData,Label_Clickイベント、ExtensionCalendar_MouseDoubleClickイベント、DayOfWeek(Enum)は別途設定する必要あり
        private const int CALENDAR_CELL_X_SIZE = 60;
        private const int CALENDAR_CELL_Y_SIZE = 36;
        private const int CALENDAR_CELL_INTERVAL_SIZE = 2;
        private const double CALENDAR_DOUBLE_VALUE = 1.0;
        private readonly int PX_SIZE = Convert.ToInt32(((CALENDAR_CELL_X_SIZE * 7) + (CALENDAR_CELL_INTERVAL_SIZE * 8) + 1) * CALENDAR_DOUBLE_VALUE);
        private readonly int PY_SIZE = Convert.ToInt32(((CALENDAR_CELL_Y_SIZE * 7) + (CALENDAR_CELL_INTERVAL_SIZE * 8) + 1) * CALENDAR_DOUBLE_VALUE);
        private readonly Color Calendar_Init = Color.Blue;
        private List<Label> DateLabels = new List<Label>();
        private int SelectDayOfWeekOfFirst = 0;
        private int SelectDateCount = 0;

        public void init()
        {
            this.Size = new Size(PX_SIZE, PY_SIZE);
            // カレンダー各種初期値設定
            int interval = Convert.ToInt32(CALENDAR_CELL_INTERVAL_SIZE * CALENDAR_DOUBLE_VALUE);
            int xSize = Convert.ToInt32(CALENDAR_CELL_X_SIZE * CALENDAR_DOUBLE_VALUE);
            int ySize = Convert.ToInt32(CALENDAR_CELL_Y_SIZE * CALENDAR_DOUBLE_VALUE);

            // ※以下は日報作成の場合
            // 曜日のラベルの作成
            for (int i = 0; i < 7; ++i)
            {
                Label namelb = new Label();
                namelb.BackColor = Calendar_Init;
                namelb.Size = new Size(xSize, ySize);
                // 横幅の計算:| + ((1マスの横幅 + |) * ループ回数)
                // 縦幅の計算:|
                namelb.Location = new Point(interval + ((xSize + interval) * i), interval);
                // 任意のフォントを指定
                namelb.Font = DefaultFont;
                namelb.TextAlign = System.Drawing.ContentAlignment.MiddleCenter;

                switch (i)
                {
                    // 省略してここでは日曜のみ入れている
                    case (int)DayOfWeek.Sunday:
                        namelb.Text = "日";
                        break;
                    case (int)DayOfWeek.Monday:
                        namelb.Text = "月";
                        break;
                    case (int)DayOfWeek.Tuesday:
                        namelb.Text = "火";
                        break;
                    case (int)DayOfWeek.Wednesday:
                        namelb.Text = "水";
                        break;
                    case (int)DayOfWeek.Thursday:
                        namelb.Text = "木";
                        break;
                    case (int)DayOfWeek.Friday:
                        namelb.Text = "金";
                        break;
                    case (int)DayOfWeek.Saturday:
                        namelb.Text = "土";
                        break;
                }

                this.Controls.Add(namelb);
            }

            // 日付のラベルを作成(42コ)
            for (int i = 0; i < 6; ++i)
            {
                for (int j = 0; j < 7; ++j)
                {
                    Label lb = new Label();
                    lb.BackColor = Calendar_Init;
                    lb.Size = new Size(xSize, ySize);

                    // 横幅の計算:| + ((1マスの横幅 + |) * ループ数回数)
                    // 縦幅の計算:((縦幅 + (| * 2) + ((縦幅 + |) * ループ回数)))
                    // 縦幅はあらかじめ曜日を設定しているため、間隔 + 曜日分のセル + 間隔からの位置を指定
                    lb.Location = new Point(interval + ((xSize + interval) * j), ((ySize + (interval * 2)) + ((ySize + interval) * i)));
                    lb.Font = DefaultFont;
                    lb.TextAlign = System.Drawing.ContentAlignment.MiddleCenter;

                    DateLabels.Add(lb);
                    this.Controls.Add(lb);
                    // イベント生成
                    //lb.Click += new EventHandler(Label_Click);
                }
            }

            //// ※以下は月報作成の場合
            //int interval = Convert.ToInt32(CALENDAR_CELL_INTERVAL_SIZE * CALENDAR_DOUBLE_VALUE);
            //int xSize = (PX_SIZE - (interval * 5) / 4;
            //int ySize = ((PY_SIZE - (interval * 4)) / 3) - 1;

            //// 12カ月分のラベルを作成
            //for (int i = 0; i < 3; ++i)
            //{
            //    for (int j = 0; j < 4; ++j)
            //    {
            //        Label lb = new Label();
            //        lb.BackColor = Calendar_Init;
            //        lb.Size = new Size(xSize, ySize);
            //        lb.Location = new Point(interval + ((xSize + interval) * j), (interval + ((ySize + interval) * i)));
            //        lb.Font = DefaultFont;
            //        lb.TextAlign = System.Drawing.ContentAlignment.MiddleCenter;

            //        DateLabels.Add(lb);
            //        this.Controls.Add(lb);
            //        lb.Click += new EventHandler(Label_Click);
            //        lb.MouseDoubleClick += new MouseEventHandler(ExtensionCalendar_MouseDoubleClick);
            //    }
            //}
        }

        // 日報 で表示できる部分を限定するためのメソッド
        // 前月:SelectDayOfWeekOfFirstが0未満になるまで
        // 今月:SelectDayOfWeekOfFirstがSelectDateCount + SelectDayOfWeekOfFirstになるまで
        // 来月:iBeforeLoopCount + SelectDateCountがDateLabels.Countになるまで

        // 日報
        // ※private int SelectDayOfWeekOfFirst,int SelectDateCountは別途用意
        public void GetDateInformarion(string year, string month)
        {
            DateTime selectDate;
            DateTime selectBeforeDate;

            if (DateTime.TryParse(year + "/" + month, out selectDate) && DateTime.TryParse(year + "/" + month, out selectBeforeDate))
            {
                selectBeforeDate = selectBeforeDate.AddMonths(-1);

                // 指定年月の初日の曜日を取得する
                SelectDayOfWeekOfFirst = Convert.ToInt32(selectDate.DayOfWeek);
                if (SelectDayOfWeekOfFirst == (int)DayOfWeek.Sunday)
                {
                    // 指定年月の初日の曜日が日曜日の場合、前月分が見れなくなる為、一週間分プラスする
                    SelectDayOfWeekOfFirst += Enum.GetValues(typeof(DayOfWeek)).Length;
                }
                // 指定年月の日数を取得する
                SelectDateCount = DateTime.DaysInMonth(selectBeforeDate.Year, selectBeforeDate.Month);
            }
        }

        public CustomControl1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        protected override void OnPaint(PaintEventArgs pe)
        {
            base.OnPaint(pe);
        }

・C# 16進数文字列⇒byte配列
    dataLength = dataLength / 2;
    binData = new byte[dataLength];
    for(int i= 0; i < binData.Length; i++)
    {
        string byteData = System.Convert.Tostring(binData[i], 16).PadLeft(2, '0').ToUpper();
        dataString[i * 2] = byteData[0];
        dataString[i * 2 + 1] = byteData[1];
    }
    data = new string(dataString);

・C# byte配列⇒UInt16
    byte[] valueTemp = new byte[2];
    Buffer.BlockCopy(value, startIndex, valueTemp, 0, valueTemp.Length);
    if(BitConverter.IsLittleEndian == true)
    {
        valueTemp  = valueTemp.Reverse().ToArray();
    }
    return BitConverter.ToUInt16(valueTemp, 0);

・C# byte配列⇒TelegramUInt24に設定できるUint32に変換する
    byte[] valueTemp = new byte[4];
    Buffer.BlockCopy(value, startIndex, valueTemp, 1, valueTemp.Length - 1);
    if(BitConverter.IsLittleEndian == true)
    {
        valueTemp = valueTemp.Reverse().ToArray();
    }
    return BitConverter.ToUInt32(valueTemp, 0);

・C# byte配列⇒TelegramUInt48に設定できるUInt64に変換する
    byte[] valueTemp = new byte[8];
    Buffer.BlockCopy(value, startIndex, valueTemp, 2, valueTemp.Length - 2);
    if(BitConverter.IsLittleEndian == true)
    {
        valueTemp = valueTemp.Reverse().ToArray();
    }
    return BitConverter.ToUInt64(valueTemp, 0);

・C# byte配列⇒文字列
    public static string Tostring(byte[] value, int startIndex, int len)
    {
        byte[] strData = new byte[len];
        Array.Copy(value, startIndex, strData, 0, len);
        return Encoding.GetEncoding("Shift_JIS").GetString(strData);
    }

・数値に変換可能な16進数文字列をHEX形式のbyte配列に変換する
 [size=2]20AB ⇒ 0x20-0xAB
    value = value.Trim();
    // 指定されたサイズ分の配列を作成する
    Byte[] retBytes = new Byte[size];

    string wkstr;

    // 文字列編集
    if(cOrder == CharOrder.Right)
    {
        // 右寄せにする場合
        
        // 指定した桁数になるように、左側に'0'を埋め込む
        wkstr = value.PadLeft(size * 2, fill);

        // 変換したデータは右寄せで配置
        wkstr = wkstr.Substring(wkstr.Length - size * 2);
    }
    else
    {
        // 左寄せにする場合

        // 指定した桁数になるように、右側に'0'を埋め込む
        wkstr = value.PadRight(size * 2, fill);

        // 変換したデータは左寄せで配置
        wkstr = wkstr.Substring(0, size * 2);
    }
    // ダンプ文字列からbyte配列に変換
    stringToByte(wkstr, out retBytes);
    return retBytes;

・年月日をBCD形式のbyte配列に変換する
 ※年は下二桁のみ変換する
    DateTime date;
    if(nullableDate == null)
    {
        return new Byte[3];
    }
    else
    {
        date = (Datetime)nullableDate;
    }

    Byte[] YearBytes = GetBCDBytes(date.Year, 2);
    Byte[] monthBytes = GetBCDBytes(date.Month, 1);
    Byte[] dayBytes = GetBCDBytes(date.Day, 1);

    Byte[] dateBytes = YearBytes.Concat(monthBytes).ToArray();
    dateBytes = dateBytes.Concat(dayBytes).ToArray();

    public static Byte[] GetBCDBytes(Int32? value, Int32 size)
    {
        return GetHEXBytes(value.Tostring(), size, '0', CharOrder.RIGHT);
    }

・時分病をBCD形式のbyte配列に変換する
    if(date == null)
    {
        return new Byte[3];
    }
    Byte[] hourBytes = GetBCDBytes(date.hour, 1);
    Byte[] minuteBytes = GetBCDBytes(date.Minute, 1);
    Byte[] secondBytes = GetBCDBytes(date.Second, 1);

    Byte[] timeBytes = hourBytes.Concat(minuteBytes).ToArray();
    timeBytes = timeBytes.Concat(secondBytes).ToArray();

    return timeBytes;

    public static Byte[] GetBCDBytes(Int32? value, Int32 size)
    {
        returnGetHexBytes(value.Tostring(), size, '0', CharOrder.RIGHT);
    }

    public enum CharOrder
    {
        LEFT,
        RIGHT
    }

・Word 相互参照で入れた参照を削除する方法
    Ctrl + Shift + F9

・Visual Studio デザインのラベルの枠線がつながっているところが太くなっておかしい
    もはやラベルを一部かぶせればつながって太くならない?

・byte配列の値を文字列に変換する
    byte[] encPasswd = pw.GetEncordedString(stringData);
    var value = "0x";
    foreach(byte b in encPasswd)
    {
        value += Convert.ToString(b, 16).PadLeft(2, '0');
    }

・きづかなかった
    ログイン用ユーザーマスタをなぜローカルDBに格納しているか
    ⇒遠隔DBに接続できなかったときもローカルDBに残っているDBデータでログインできるようにする為

    ストアド
    SUM(CASE WHEN~)
    で条件に合致するデータのみ合計値を出せる

    ストアドの実行が遅いときに
    F5で値を取得できる状態でクエリを選択⇒推定実行プラン
    出てきたGUIから不要なクエリ。。。を右クリック⇒詳細
    でインデックスを張ると早くなる
        

・処理中ダイアログの注意点
 中止ボタンを押下するタイミングが早すぎると画面が裏に隠れてしまうことがある
    ⇒対策:ProcessingFormの中断ボタンをEnable=falseにしておいて
     DispNumberLblAsync
     DispMessageAsync
     の中でtrueに変更する

・帳票確認観点1
    ・Excel
     列単位、行単位でExcelの関数使用部分に対し、計算結果、計算範囲、合計値が正しいことを確認する
     (縦、横でExcelに表示されている内容が正しいか確認する)

     書式(枠線、文字コード等)があっているか、全体的に統一されているかを確認する

     文字切れが出ていないかを確認する

    ・ストアド
     FROM テーブル名 ~の後の条件文は必要十分か。
     ⇒FROMで検索してそのあとの条件文が正しいか判断する

     SELECT句:値がNULLの場合に代替案が入っているか
     例)数字の場合は0、文字列の場合は''、必要な場合はCASE文
    
     WHERE句、JOIN ON句
     主キーがすべて抽出されているか
     抽出字、比較する方法が正しいか
     例)事業者コード+営業所のデータの時に、事業者コードまでしか比較していない

     GROUP BY句(~毎に一意になるように集約)
     必要な箇所以上に集約されていないか
     例)集約対象が多すぎると、集約したい範囲で集約されず、同じような項目が複数出力されてしまう

    ・全体
     ストアドと帳票出力内容に差異がない事
     ⇒キーの部分と実際の値がずれている、なんてことがないか確認
    
     ストアドから取得したデータを修正し、
     NULLの場合にエラーにならないことを確認する

     横断的に確認が必要な項目をチェックする
     例)帳票の~と画面の~は一致しているはず。。。
       帳票の~と帳票~は一致しているはず。。。。

    データがなかった時の挙動を確認
    ⇒Excelに出力されたものの、全部金額が0円でてるようなら帳票として出す意味がない。
     データがなかった時はExcel出力させないようにする

・sqlserverのオフラインがいつまでたっても終わらない
    sqlserver ManagementStudioの対象DBを選択し、
    最新の状態に更新(F5)を選択巣rと、既に終わっているのに更新されていないだけの可能性がある

・byte配列のパスワードを文字列に変換する
 ⇒元に戻す処理まで入っているバージョン
  ※確か、GetEncordedString、GetDecodedStringはICryptoTransformかなんか使って暗号化、複合化してた様な気がする。

    byte[] encPasswd = pw.GetEncordedString(txtEmployeePassword, Text);
    byte[] enc2 = new byte[encPasswd.Length -1];
    var value = "0x";
    int iCounter = 0;
    foreach(byte b in encPasswd)
    {
        value += Convert.ToString(b, 16).PadLeft(2, '0');
        if(iCounter + 1 != encPasswd.Length)
        {
            enc2[iCounter++] = b;
        }
    }
    string decPasswd = pw.GetDecodedString(enc2);

・製造時懸案事項
    ・DB
        接続リトライ回数を設定ファイルで持つ
        接続タイムアウト時間を設定ファイルで持つ
        クエリ実行タイムアウトを設定ファイルで持つ
        クエリ作成時にテーブルごとのWHEREを先にやる⇒クエリ実行時間の短縮
    ・帳票
        Excel-名前の定義を使用する
    ・ログ
        期限切れログデータの削除
    ・全体
        非同期の要否
        列挙型の値設定
        タイムアウト
        リトライ
        エンコードデータ系は、正しいバイナリデータになっていることを確認する
        DBからのサイズの大きいデータの取得 Outofmemory
    ・テスト
        罫線の確認
        日付確認 今日以外にしてもちゃんと今日以外の日付が出るか
        計算式の正否
        パターン AとBは同じだがCは違う場合
        カレンダー画面と計上日欄を別々の日付に変更して作成ボタンを押下した場合、どちらの値を正とするか
        ⇒カレンダー画面で選択していた日付の背景色が白色の項目を選択していた場合、予約可能として処理されてしまった
        ⇒カレンダーは常時最新でない為、取得しに行ってエラーだった場合どうするか

    ・仕様確認する内容
        計算式⇒この計算式で正しいかの確認(間違っているもの、足りないものがあればご教示ください)
        ストアド⇒マッピング表を作ってこの条件でこの項目を取得する

・動的に帳票出力(同じような出力をするカタマリの数が不定)
    ・事前情報
        ROUTE_NAME
            書き込み開始場所
        MAX_ROW
            金庫数
        TEMPLATE
            書き込み開始場所から路線計までの一区分
            ⇒書き込む際は行コピー先から書き込む為、
             最後にこの範囲は削除される
        LINES
            帳票データ部のすべての行数範囲。
            データ部を行挿入すると範囲が変わる
            (カタマリの中でも行数が変わる部分をこれで管理?)
    ・実装:次のカタマリがあるか⇒ある⇒テンプレートをコピー挿入⇒テンプレート部分の編集⇒データ格納⇒次のカタマリ...のループ
        路線別の金庫データから一つ取得
        ・出力するデータがある場合
            ROUTE_NAMEにLINESの最終行(行数)と、MAX_ROW(列数)から次の開始場所を登録
            TEMPLATEの範囲をコピー、LINESの最終行から行コピー挿入
        ・出力するデータがない場合
            初回以外の場合
                TEMPLATEの範囲を削除
            処理終了
        ・同一路線の金庫の数がMAX_ROWより大きい場合
            同一路線の金庫のかずと一致するように行挿入
            ⇒InsertRowColumn(ROUTE_NAME,MAX_ROW,路線ごとのDBデータ件数,ExecuteRowColType.Row)
        ROUTE_NAMEから順次1路線内の金庫データを格納

・Visual Studioで~exeからインポートされた型と~の型が競合されていますと表示されるものの、
 特に問題ないはずなのにクリーンしてもリビルドしても治らない場合
    Visual Studioを終了後、Debugフォルダを削除し、再度起動してリビルド実行
    プロジェクトフォルダー参照に不要な参照がないか確認
    (自プロジェクト名が参照になぜか入っていたりしない?)

・EnvManeger(Get)のソース1
//設定項目の読み書きを同じタイミングでしないようにする
private static readonly object padlock = new object();

    public T GetEnv<T>(string sectionName, string key)
    {
        // ThreadSafe
        lock( padlock )
        {
            string value = null;
            T result = default(T);
            TypeConverter typeConverter = TypeDescriptor.GetConverter(typeof(T));
            try
            {
                // 設定ファイルから設定管理インスタンス取得
                Configration config = GetConfig();
                
                // たぶんthisはXmlDocument
                SetttingElement element = this.GetElement(config, sectionName, key);
                
                // 設定値が存在する場合変換を行う
                if(element != null)
                {
                    value = element.Value.ValueXml.InnerXml;
                }

                // 設定値が存在する場合変換を行う
                if(value != null)
                {
                    // XMLから取得された文字列の末尾の空白と改行を取り除く
                    value = value.TrimEnd( new Char[] { ' ', '\r', '\n' } );

                    if(this.UseXmlSerializer(typeConverter))
                    {
                        result = this.Deserialize<T>(value);
                    }
                    else
                    {
                        result = (T)typeConvereter.ConverFromString(value);
                    }
                }
                else
                {
                    //必要なら例外をはく
                }
            }
            catch(Exception ex)
            {}
            return result;
        }
    }

    private Configration GetConfig()
    {
        string openFilename = string.Empty;
        
        // 設定管理インスタンス取得用
        Configuration config = null;
        
        try
        {
            // 設定管理インスタンス取得
            openFilename = setingsFilename;
            ExeConfigurationFileMap configFile = new ExeConfigurationFileMap();
            configFile.ExeConfigFilename = openFilename;
            config = ConfigurationManager.OpenMappedExeConfiguration(configFile, ConfigurationUserLevel.None);
        }
        catch(Exeption ex)
        {
            Logger.MainLog.Error(ex);
        }
        return config;
    }

    private bool UseXmlSerializer(TypeConverter typeConverter)
    {
        return(typeConverter == null || 
            typeConverter.GetType() == typeof( TypeConverter) ||
            typeConverter.GetType() == typeof( CollectionConverter ) ||
            typeConverter.GetType() == typeof( ArrayConverter ));
    }

・コンフィグファイルの構成
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <configuration>
        <configSections>
            <sectionGroup name="applicationSettings" type="System.Configuration.ConfigurationSectionGroup, System.Configuration.Version=4.0.0.0" />
                <setion name="Main" type="System.COnfiguration.ClientSettingsSection, System, Version=4.0.0.0" />
            </sectionGroup>
        </configSections>
        <applicationSettings>
            <Main>
                <setting name="ShowPreview" serializeAs="String">
                    <value>False</value>
                </setting>
            </Main>
        </applicationSettings>
    </configuration>

・リリース
    リリース時メール記載内容
        どこに格納したか
        修正内容
        モジュール設定補法(既存を上書きする場合・新規インストールする場合)
        リリースする際に、前回リリースしたモジュールがある場合はどうすればいいか書いておく
        ⇒~を新規fileに上書きして。。。。

・SUMIFSを使用して結合セルの場合でも問題なく計算できるようにする方法
 結合セルの中に同じ文字を入れておく方法
 (結合セルが縦の場合も使用可能)
    結合された状態で別シートにコピー
    結合セルの結合状態を解除
    結合セルの中に入れておきたい内容を結合セルの場所にコピーしておく
    別シートにコピーしていた結合セルを書式コピー

・高速にExcelファイルを作成
    openxml

・LDBModel.edmxの注意点
    ストアドの複合型を作成する際、
    一時テーブルを使用しているとうまくマッピングできない
    ⇒一時的にカラムを直接取得するストアドを作って読み込ませる必要がある

・LDBのソースファイル取得部分
    private const string dbBaseConnectionString = @"metadata=res://*/【edmx名】.csdl res://*/【edmx名】.ssdl res://*/【edmx名】.msl:provider=System.Data.SqlClident;provider connection string=""Data Source={0};InitialCatalog={1};MultipleActiveResultSets=True;";
    private const string dbTrustOption = @"Integrated Security=True""";
    private const string dbRemoteOption = @"user id={2};password={3};persist securityinfo=True""";

    // 認証あり
    string.Format(dbBaseConnectionString + dbRemoteOption, dbInstanceName, dbName, userID, password);
    // 認証無
    string.Format(dbBaseConnectionString + dbTrustOption, dbInstanceName, dbName);

    *SqlConnection使用時の接続用文字列
    private const string dbBaseConn_StringR = @"data source={0};initialcatalog={1};multipleactiveresultsets=True;user id={2};password={3};persist securityinfo=True";
    private const string dbBaseConn_StringL = @"data source={0};initialcatalog={1};multipleactiveresultsets=True;Integrated Security=True";

・トランザクションの張り方
    using(var context = new Entities())
    using(var tran  = context.Database.Connection.BeginTransaction())
    {
        try
        {
            context.テーブル名.Add(new テーブル名());
            context.SaveChanges();
        }
        catch
        {
            tran.Rollback();
        }
    }
・sqldeveloper テーブルのスクリプト化
    テーブル右クリック⇒編集⇒DDL⇒作成

・sqldeveloper クエリの生成
    メニューバーのSQLと記載されている箇所をクリックして接続先を選択

・Zipを作成する際、フォルダーを作らないようにする方法
    zip.AddFile(item, "");
    のように、第二引数にから文字を指定する

・Windowsサービスその他で、SQLSERVERに以下の文言で接続できない時の対処
 ”ユーザー 'NT AUTHORITYSYSTEM' はログインできませんでした”
    以下を設定する
    コントロールパネル⇒管理ツール⇒サービス
    該当サービスを右クリック⇒プロパティ⇒該当サービス名を右クリック⇒プロパティ⇒ログオンアカウント:
    タスクマネージャーを開き、ユーザー名に自身のユーザー名が出ているプロセスを右クリック⇒プロパティ
    所有者タブの所有者英の変更欄に表示されている値を記載
    パスワード:ユーザーログオン時のパスワードを指定

    又は、
    SQL SERVERのセキュリティ⇒ログイン⇒LOCAL SYSTEM(またはNT AUTHORITY\SYSTEM)
    サーバーロールタブでsysadminを追加、
    ユーザーマッピングにある項目をチェックオン

・Oracle Tips
    コマンドライン上で、
    tnsping MyDB2(tnsnames.oraに記載されているサービス名)を実行し、
    名前の解決に失敗する場合
        パラメータfileを使用しましたメッセージに記載されているsqlnet.oraに、
        以下を設定
        SQLNET.AUTHENTICATION_SERVICES= (NTS)
        NAMES.DIRECTORY_PATH= (TNSNAMES, EZONNECT)

        パラメータfileを使用しましたメッセージに記載されているsqlnet.oraと同じフォルダにある
        tnsnames.oraに、MyDB2(サービス名)が記載されているか確認する
        MyDB = 
            (DESCRIPTION = 
             (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP) (HOST = localhost) (PORT = 1521))
             (CONNECT_DATA = 
              (SERVER = DEDICATED)
              (SERVICE_NAME = xe)
             )
            )

        DBを再起動

        tnsping MyDB2(tnsnames.oraに記載されているサービス名)を実行し、
        接続試行中... OKと表示されることを確認

    CTLファイル例
        LOAD DATA
        [INFILE]
        INTO TABLE テーブル名
        APPEND
        FIELDS TERMINATED BY ','
        (
        ID,
        INPUT_TIME dATE "YYYY-MM-DD H24:MI:SS",
        IDENTIFY_KEY expression "IDENtiFY_KEY_SEQ,nextval",
        IS_PROCESSED CONSTRAINT 0
        )

        ↑INFILEにCSVのフルパスで置換する
         上記は取り込むCSVにダブルコーテーションとか全部無いバージョン

・C# メソッド呼び出し用ラッパー
    // メソッド一覧からメソッドの呼び出し
    internal bool CallEventMethod(string methodID, TaskData taskData, string methodArg)
    {
        bool methodResult = false;
        try
        {
            Type methodPoolClass = methodPool.GetType();
            MethodInfo methodInfo = methodPoolClass.GetMethod(methodID, BindingFlags.NonPublic | BindingFlags.Instance);
            methodResult = (bool)methodInfo.Invoke(methodPool, new object []{taskData, methodArg });
        }
        catch(System.Exeption ex)
        {
            throw new Exception("CallEventMethod", ex);
        }
        return methodResult;
    }

・三角表の計算式
    例)
        A駅 100 200
            B駅 100
             C駅
    =INDEX(SANKAKU_RANGE,SUMPRODUCT((SANKAKU_RANGE=STATION_SRC)*ROW(SANKAKU_RANGE)),
    SUMPRODUCT((SANKAKU_RANGE=STATION_DST)*COLUMN(SANKAKU_RANGE)))

    ⇒SUMPRODUCTで条件1*行数、条件2*列数の値を取得し、INDEXでSANKAKU_RANGE内で1行目、2列目の値(100)
     を取得する

・Entity Framework(Oracle)
    private const string CONN_STR = @"metadata=res://*/【edmx名】.csdl res://*/【edmx名】.ssdl res://*/【edmx名】.msl:provider=Oracle.ManagedDataAccess.Client:provider connection string=""DATA SOURCE={0};Connection Timeout={1};";

    // OS認証の場合
    private const string dbOSAuthOption = @"USER ID=/""";
    // SQL認証の場合
    private const string dbSQLAuthOption = @"user id={2};password={3};persist security info=True""";
    // SYSDBA特権の場合
    private const string dbSYSDBAOption = @"dba privilege=SYSDBA;";

    ※引数
    query:string
    data:DataTable

    ※メンバ
    this.m_objectContext = new Entities(connStr);

    // datatableに格納
    http://teruc.dnsalias.net/blog/2012/05/08/311

    // 同じデータを追加する方法
    data.Row.Add(data.Rows[0]);

・Oracle C# ネットサービス名の代わりに直接指定したい場合
    localhost:1521/TBKTIC.test-sv

・VBA開発
    バージョンによって、処理が正常に動かなくなる可能性がある
    CInt(Application.Version) 'バージョン番号による振り分け
    例)15⇒Excel 2013

・SQL Developer 日付書式
    メニューから ツール⇒プリファレンス
    データベース⇒NLS
    YYYY-MM-DD HH24:MI:SS

・フォルダを自動的に作成するバッチ
    @echo off
    pushd %~dp0
    for /f %%i in (list.txt) do mkdir %%i
    exit

    リストファイル: list.txt
    test\01
    test\02
    test\02\03
    test\02\04\05

    ※既存のフォルダをコピーして利用したい場合、
     データごと上位階層のフォルダをコピーして、
     コピーしたフォルダ内で、検索バーに「.」と打って出てきた検索結果からフォルダ以外を全削除する手もある。